日本乾燥機

はじめに

乾燥機の選定でもっとも大切なことは、乾燥物の物性を把握することです。
物性によって最適な乾燥方式が決定されます。どのような高性能な乾燥機を使用しても乾燥物との相性が悪ければ、乾燥機としては不適合ということになってしまいます。
弊社の乾燥機の主なラインナップは下記になります。

主として対流伝熱を使用する乾燥機

バンド式乾燥機

処理形態 : 連続処理/バッチ処理

乾燥物がネットやパンチングのコンベアに積載され、移送しながら熱風を受けるタイプの乾燥機です。
一般的に熱風は通気式が用いられます。
乾燥物は静置状態ですので、形が崩れるおそれのものにも対応できます。またコンベアの移送速度によって乾燥時間を設定できます。
ブロック化することができますので、乾燥機内部の温度や風速を適宜に設定することができます。またコンベアの段数を多段化することにより、乾燥速度の向上、熱風効率の向上、設置面積のコンパクト化が計れます。
スラリー状の乾燥物に対しては成型機などの前処理装置を供給部に設けることで対応が可能です。


リーフレット(PDFファイルが開きます)


箱型乾燥機

処理形態 : 連続処理/バッチ処理 GMP対応可能

容器に乾燥物を入れて機内に充填し、熱風を受けるタイプの乾燥機です。
仕込棚は、台車形のタイプ(台車式)と機内に直接容器を入れるタイプ(棚式)があります。
熱風の流れ方式は通過気流と水平気流があり、乾燥物の性状により選定されます。通過気流は乾燥層内を熱風が通過するので粒体や成型品向きであり、水平気流は乾燥層の側面を通過するので粉体やケーキ向きです。
もっとも基本的な静置状態での乾燥ですので、ほとんどの乾燥物に対応することができます。


リーフレット(PDFファイルが開きます)


流動乾燥機

処理形態 : 連続処理/バッチ処理 GMP対応可能

多孔板上の乾燥物に底側から熱風を送り、熱風中に乾燥物が浮遊するように流動化させ、熱伝達率を大きくする方式の乾燥機です。
乾燥物は粉体向きであり、熱風との接触状態が良好なため乾燥物の温度差がありませんので、ムラのない乾燥ができます。
乾燥物の大きさ・密度と終末速度・最小流動化速度との関係性から熱風量が設定されます。乾燥物がある程度の大きさに揃っていることが必要です。


リーフレット(PDFファイルが開きます)


振動流動乾燥機

処理形態 : 連続処理/バッチ処理

流動乾燥機の熱風に振動モータによる作用を付加し流動化させる乾燥機です。
流動乾燥機と比較して、少ない風量で乾燥物を流動化させることができます。
また流動乾燥機よりも大きなサイズの乾燥物を処理することができます。


リーフレット(PDFファイルが開きます)


気流乾燥機

処理形態 : 連続処理/バッチ処理

熱風が送られている配管内に乾燥物を供給し浮遊させ送りながら処理をする乾燥機です。
乾燥時間が短時間であるため、熱風温度は高めにすることができます。
乾燥物の表面積を大きくするため解砕機を使用することがあります。
構造が簡単なため処理能力と比較すると設置面積は小さくなります。


リーフレット(PDFファイルが開きます)


ロータリクラッシャドライヤ

処理形態 : 連続処理/バッチ処理

回転乾燥機のひとつです。円筒形ケーシングの端部に乾燥物を供給し、熱風は乾燥物と反対または同じ側から送ります。
内部にはかき上げ用のフライトがあり、上昇=>落下を繰り返しながら熱風を受けます。
更に乾燥物の表面積を大きくするため内部に解砕機を設けてあります。
この乾燥機の伝導加熱式が【ジャケットロータリドライヤ】です。


リーフレット(PDFファイルが開きます)



主として伝導伝熱を使用する乾燥機

コニカルドライヤ

処理形態 : 連続処理/バッチ処理 GMP対応可能

ダブルコニカル型の容器に乾燥物を入れ、容器を回転させ乾燥と撹拌を同時におこなうため、乾燥物と伝熱面との接触状態が常に更新されムラの少ない仕上りとなります。
容器はジャケット式になっており、温度などの条件により熱媒を選定します。
一般的に機内は減圧条件でおこないます。ただし通気条件でおこなうことも可能です。
内部に撹拌軸を持たないため撹拌作用は撹拌乾燥機に較べ大きくありませんが、構造が簡単であり排出時に機内残留が少なく、清掃性は良好です。標準としてコニカル頂角は90度ですが、乾燥物の特性などにより適宜決定されます。


リーフレット(PDFファイルが開きます)


ドラムドライヤ

処理形態 : 連続処理/バッチ処理

円筒形のドラムの表面に乾燥物を付着させ、ドラム内部に熱媒として水蒸気や温水を供給し、表面膜状にドラムと接触させながら乾燥をおこないます。
基本的にドラムが一周する間に乾燥が終了し、平板ナイフでスクレープされます。したがって乾燥時間は短時間です。
液体や泥漿状の乾燥物に適しています。また乾燥物の性状が大きく作用する乾燥機です。
減圧条件でおこなうこともあります。
ドライヤ以外の使用方法として液体から固体へ相変化させることを目的とした、ドラム内部に融点以下の温度の水や冷媒を供給するものをドラムフレーカといいます。


リーフレット(PDFファイルが開きます)


ジャケットロータリドライヤ

処理形態 : 連続処理/バッチ処理

円筒形ケーシングにジャケットを設け、場合によりケーシングの内側に熱媒用のパイプを設置する乾燥機です。
ロータリクラッシャドライヤと同様に、内部にはかき上げ用のフライトがあり、上昇=>落下を繰り返しながら伝導により受熱されます。
熱風式と違い排気・捕集装置が不要なため、全体で見た場合に設置面積が小さくなります。
乾燥時間は機内のホールドアップと供給量との関係で決定されます。



リーフレット(PDFファイルが開きます)


真空棚式乾燥機

処理形態 : 連続処理/バッチ処理 GMP対応可能

箱型のケーシング(多くは角型、高真空の場合は丸型が一般的)の中に、熱媒による熱伝導をおこなうための棚(熱盤)があり、その上に仕込容器を載せ乾燥をおこないます。
熱風式の箱型乾燥機では、乾燥することができない物性のものや、乾燥物の価値を下げてしまうことを防ぐ必要のある乾燥物が対象となります。
したがってメインの伝熱は伝導であり、補助的な伝熱として輻射を利用します。条件によりケーシングにジャケットが設けられます。


リーフレット(PDFファイルが開きます)


真空振動乾燥機

処理形態 : 連続処理/バッチ処理 GMP対応可能

振動により粉粒体を流動化させて、ジャケット構造による伝熱面との接触で乾燥をおこないます。
内部には攪拌羽根などの装置がありませんので、以下の特長があります。
・摺動面がないため、コンタミが発生しません。
・洗浄しやすい構造で、乾燥物排出も簡単です。


リーフレット(PDFファイルが開きます)


撹拌乾燥機

処理形態 : 連続処理/バッチ処理

ケーシングと撹拌軸から構成される乾燥機です。ケーシングはジャケット式であり、併せて撹拌軸にも熱媒による熱伝導をおこないます。
回転するのは撹拌軸であり、ケーシングは固定式です。
乾燥物の性状により撹拌軸の形状を選定します。
条件により常圧か減圧かを選定します。


リーフレット(PDFファイルが開きます)



この他にも乾燥機のラインナップがございます。お問合せください。
また各種テスト機がございます。

[Menu]

日本乾燥機株式会社 お問い合わせは、Tel:048-876-9450(代表) E-mail:ask@kansoki.co.jp までお願いします